カテゴリ:SAKI( 617 )

昨日のBIBAのバースデーライブ楽しかったですね😊🖖

23歳になったそうです🌻
おめでとう🎂👑🍸🎁🎉🎀


私の23歳の時期は

たくさんの感情が育った歳でしたねぇ。

とくに悔しいとか、悲しいとか、腹立つとか、負の気持ちにどう対応出したらいいのか解らず、泣きたくないのに涙が溢れることがとても多かった時期です。

この歳まで、楽しく!前向きに!深く考えず!
と生きてきた私にとって、負の気持ちと向き合うのはとても辛く、この1年はとても苦しかったです。

でも、

だからこそ
今のスーパーポジティブスタイルが育ったのだと思います。

私にとって23歳は最悪の歳で、最高の歳。
大切で大事な時期だったと思います。

BIBAのみんなも人生の大事な時期を過ごせることを願っています❤️

お誕生日おめでとう!!


さて、はじめましょう前回の続きです!

「うわ!思いついた!高速早吹きパートができまで」

次回作のタイトル、「る」が抜けてるよ!
たくさんのご指摘ありがとうございました。

「る」は意図的に抜きました。
意図的です←

さぁ、アレンジがまったく思いつかなかったSAKIちゃん。

提出日までに間に合うのかも微妙…
レコーディングまでに練習もしないといけない。
楽譜も仕上げないといけないし…

でも

出来ない。

そこで私はどうしたかというと、

撮り溜めていたアニメを見だしました。

そう、一度諦めました。

( ´Д`)y━・~~

一回音楽を考えるのやめて、違う頭にシフトチェンジ!

だが、これがよかった!!

たくさんのアニメで目の保養をし、最後のアニメのスタッフロールをぼーっとみおわる。

そのままの流れで目をつむりNEXSPOTのデモを聞いてみる。

頭の中ではさきほどのアニメのスタッフロールの絵が。

曲が進むにつれ、自分流でアニメのエンディングのイメージを広げていく。

ゆっくりになるダブセクションではスローモーションに動いてるイメージ。

その後、

早送りになり走り動きだす!!

!!!!!

これやわ!!
ここでホーンやわ!!!
早送りやわ!!

1.邪魔しない

2.存在感

3.おもろい

これ全部制覇やんか!!!


そうなのです。
曲は音楽とだけ向き合ってできるものではなく、
映像や、絵、写真、いろんなもののイメージや刺激もまた音楽に繋がるもの。
自分の引き出しの中にある音楽が全てではないのです。

そしてまた、一つのことにのめり込みすぎて物事を小さく見てしまうことはよくないことです。
一度リフレッシュして、新しい目で幅広く捉えることはとても重要なのです✨🌻
集中することはとても大切ですが、
もし、それがしんどくなってしまうようであれば、リラックスできるようにな環境に自分をおいてあげることはとても良いことなのですよ🎀


この早送りイメージができてからは、ダダダダダッとアレンジが出来上がりました。

テンポを60ぐらい落として、16部音符多めのアレンジを作る。

もとのテンポに戻す。
はい、早送りの出来上がり!

そして結果

はっえ!!
これ吹けんのか?ってなったので、これで正解!😊🖖😋

あとは、音の流れをかっこよくするためにマイルスデイビスを聴きまくり、ちょっとづつ音の組み合わせを変える。

できたーー!!!!!!

そして、メンバーに聴かせる。

メンバーの感想⇩
「手裏剣とばしながら走ってる忍者やん!」


忍者!!!
早さ伝わりすぎてるー!笑

そして、この忍者パートにcoプロデューサーReiさんのアレンジも少し加わり今の形に仕上がったのです🐣


そして、ここから鬼練が始まったのですが、私がまさかのインフルエンザにかかりました😭😭
もう、判定がでたときは号泣でした。

レコーディングの日程は決定していたのでむちゃくちゃ悔しかったですが、急遽カルメラのこばちゃんに吹いてもらうことをお願いしました。

こんなむちゃくちゃなホーン作っときながらお前吹かへんのかーい!

こばちゃんは快くオッケーしてくれて、この早吹きパートをなんじゃこれー!と言いながらもかっこよく吹きこなしてくれました!

なによりも感動したのは、レコーディング当日、少しでも私の音に近づくようにと、私の音に近いトランペットを持ってきてくれて吹いてくれました。

なんていい後輩なんや( ; ; )
なんていいプレイヤーなんや!!!

彼の楽器の音の暖かさは、人柄やったんやなぁ心から理解した出来事でした。

本当にこばちゃんに頼んでよかったです。
ありがとうこばちゃん。

そして、今回私の体調管理ができていなかったばかりに、ショックにさせてしまった皆様、申し訳ありませんでした。

音源ではこばちゃんの
ライブでは私の

2人のトランペッターの音や表現の違いを楽しんで聴いていただければと思います!!

このブログを読んでいろんな角度からNEXSPOTを聴いてもらえたら嬉しいなと思います😊😊😊

この楽曲の楽しみが増えますように!


カルメラは

7thアルバム「REAL KICKS」
を発売中でございます!

ジャズって大人の音楽でしょ??
なんて思ってる方!!
彼がジャズへの入り口になります!
ぜひ聴いてください😊✨







さぁ、LOVE&CALLのコール相手が発表されましたねー!!!



次回はコール相手特集❤️😍

出会いや好きなところをお話ししようかと思います🏁🏁😋

お楽しみに!!
[PR]
by oreska | 2016-05-15 15:18 | SAKI | Comments(0)

今日はなんだかぬるいな!

近況報告として、
こないだ、PVを撮影してきましたよ😍👐
全貌が明らかになるまで写真などは極秘にしておきます🙈🙈🎥

ありきたりなヒントですが、
いつものオレスカとは一味違います😋


さて、

リリースしてから一度もブログを書いていないというまさかの事態が起こってることに気づいたのです😳😳

3/6にシングルNEXSPOT/¡Fiebre!が発売されております!

めっちゃ前やん😭😭😭😭

この二曲の解説はUstreamなどでも配信しましたね🌻🐵🌻

ライブでも恒例になっていくであろうこの2曲たち。

せっかく私がブログを書いているので、ホーンアレンジのことを書こうと思います🎺✨😊

一曲目の"NEXSPOT"はこの楽曲のcoプロデューサー、SKA MusicのパイオニアRei Mastrogiovanni兄さんに曲を書いていただきました。

曲を提供してもらって発売するのはオレスカ史上初で、私たちにとっても新たな扉を開くきっかけであり、意外性であり、歴史的な作品なわけです🙌🏻✨

この曲にホーンをのせるとなったとき一番悩んだのは、

ホーンがのっていない状態でかっこいいアレンジの楽曲をより「どうすれば」良くなるか。

私が思うに、
ホーンアレンジで重要なのは、
「メロディの邪魔してないのに存在感がある」という、歌とホーンのバランスがうまくとれていることだと思っています。

これをいかにできるか!!
だけど、それが難しい!


話は逸れますが、特にオレスカの楽曲は歌メロに隙間があまりないので、歌と歌の間にホーンがなかなか入らないのが私の中では有名です。

なので、オレスカの楽曲を昔から聞いてもらえるとわかるのですが、オレスカのホーンアレンジの特徴としては、歌とホーンがほぼ同じタイミングでなっていて、かつ、歌と違うメロディを吹いているというアレンジがかなり多いのです。

歌メロの隙間にホーンが最高のタイミングで入ってくるのはスカパラ兄さんや海外ではReel Big Fishですね🎺👞👞🎷

歌メロとホーンのフレーズが一緒に再生されるでしょう?

火をつけて パララ パッパ♫
森の中 パララ〜♫

とか

take on me〜♫ パッパッパラ
Take me on〜♫ パッパッパラ

といった具合!

ホーンセクションはアレンジ次第ですごく色を変えます。
曲の風景、色、世界観を作るのでとても重要なのです👯

それに加えて派手さ、音の厚み、和音を出す役割もあります😊⭐️
たくさん仕事してるねぇ🎺🌻

さて、
今回の楽曲「NEXSPOT」の課題は
歌に隙間があるものの、特徴的な箇所が歌やギターリフ、コーラスのアレンジで構成されているので、ホーンアレンジは邪魔せず、かつどう存在感をだして目立つか!!
この出来上がってる楽曲をホーンが入ったことによって聞き応えのあるかっこいい曲にどうしあげるか!!

むっずー!!!!😭😭😭😭

それはそれは何度も聞きました。
思いついたアレンジをパソコンで打ち込んでは
「あぁ、違うなぁ」
「おもんないなぁ」
と試行錯誤だらけでした。

なにが「違う」か。

最初に言った、「邪魔してないのに存在感」が成立しないんです。

Aメロ前のテーマにホーンフレーズいれると、せっかくのギターリフの邪魔をする。
他の箇所もいろんなかっこよさを「邪魔」をしてしまう。

じゃぁ確実に邪魔をしないアレンジにしたら?
と、トランペット、トロンボーン、サックスの和音でロングトーンや、1音をヒットさせる方法でいくと「存在感」がない。
聴いててありきたりで「おもんないなぁ」と思うんですよ。

「歌と同じぐらいの存在感を放つ」
これが私のホーンアレンジの最低ラインなので、今回のアレンジは悪戦苦闘でした😭😭
試行錯誤しつつ何度も試みるがほんとに思いつかない😲😭😲
レコーディングまでに間に合うのか…


そんなときふと、思いついたことがあったのです!!!!


次回、

「うわ!思いついた!高速早吹きパートができまで」

みなさん後日の更新をお楽しみに😍🖖
[PR]
by oreska | 2016-05-11 12:20 | SAKI | Comments(0)

こんにちは🌻✨
無理なく更新してゆきます!

昨日のDown the Rabbit-holeのレコ発ライブはお客さんや昔一緒に遊んでた堺の仲間やバンドマンたちでパンッパン。
愛いっぱいでした。

呼んでもらえて、おめでとうライブができて本当によかったです。

みんなRabbit Killer是非お買い求めくださいましANDライブに行ってみてくださいまし✨


さてさて、最近サポートでT.Saxを吹いてくれています彼女のことを紹介しようと思いまふ✨😊

ライブに来てくれているみなさんはもう知ってるかと思うけど、

サポートSaxプレイヤー
彼女の名前は

ADD(あど / えーでぃーでぃー)

といいます✨💃🏻

彼女と初めて会ったのは、私とHAYAMIがジャムセッションに行ったとき。
彼女のプレイをみたら一目?一聴き?でADDが大好きになりました❤️😍
彼女の音はセクシーで、たくましい!
そんでクレイジーなふり幅ももっていて、たくさんの引き出しがあります✨

そんなサックスを吹くADDは、オレスカの一つ下の歳。
人懐っこい性格がほんとに可愛くてね。
かなりしっかりしていて、マイペースだけれどまったく嫌味がない!!
音楽とバンドが大好きで新しいものに興味津々で、少女のよう。

周りに気を配りながら最強に酔っ払える特技があります笑


さて、なぜサポートしてもらうようになったかのお話をしましょうか😊🙌🏻

彼女はseven step、オールアバウトスカパフォーマーという2組のスカバンドに所属していて、
去年、DOACOCKのイベントで稲毛K's Dreamに出演したとき、「オールアバウトスカパフォーマーズ」と対バンだったんですよ。

その時のオレスカのライブで誰よりもニコニコして踊って楽しそうに見てくれていたのがADD🌞🌞

なんだこいつ可愛いな!という気持ちと同時に一緒にステージたったらめちゃくちゃ楽しいんじゃなかろうか!と思ったんですよ。

もはや「オレスカに昔からおりそうやん」という馴染み感もあったり笑

ライブが終わって楽屋に帰ってこんなことを5人で話したりしてたら、ADDがちょうど楽屋にきて。

ちょっとスタジオ入ってみないか?とオファーしたところ、彼女が「やりたい!やりたい!」と言ってくれたので、じゃぁ!やろうぜ!とカップル成立。

その後、何曲かピックアップして一緒にやってみたところ、やはり相性がよいのですよ😊👐😊
曲もしっかり覚えてきてくれて、やっぱりSoloは最高でね。
一緒に吹いているとトランペットとトロンボーン2管の音がより明るく聞こえるし、単純に音が分厚くなり迫力が増してとっても馴染みがよかったのです🌻

一回目のデートで付き合いしましょうと言ってしまった感じでしたね😋

そして、2月に彼女を含めたライブを行いまして。

メンバー全員の感想は
楽しかった!
やっぱADDちゃん良いよ!
もっとやってこ!

などなどで、

そのライブを見たいろんな友達バンドからは

ADD違和感なさすぎ!
めっちゃいいじゃん!
オレスカにあってる!
最高だったよ!

など、ポジティブワード続出でした😋✨

やっぱりな!という感じですよ😁😁

ADD本人は、
もっと出来る!
次もっとやりたいーー!!!

とかなり攻めの姿勢で頑張ってくれていて、かなり心強い仲間が増えました❤️❤️

彼女がseven stepを離れてからは東京にとどまらず、いろんなところで一緒にライブしてレベルアップして思い出を増やしていっています❤️😊

そしてこのままメンバーに…と企んでいますの😁😁👍

みんな、きっと好きになると思うのでぜひぜひ6人のライブを見に来てね👻💕

次のライブは
「Hoppin' Steppin' 2016」
日付: 2016/05/04
場所: 川崎CLUB CITTA
会場: 12:30
開演: 13:15

でございます🌟
チケットのご予約はこちらのメールでも受け付けております🌞✋


じゃぁぬん😊




[PR]
by oreska | 2016-05-01 17:01 | SAKI | Comments(0)

みなさん、お久しぶり

これからブログをひっそり更新します(ง •̀_•́)ง‼

よく、ツイッターなどでみかけるのが

「元気出したいときのオレスカ!」

そう。私もそう思います💪🏻✨

若い頃はそう言われるのがなんだか嫌だった時期もありましたけど笑
反発心てやつかな?笑

でも、今はみんながそう言ってくれることはめちゃめちゃ嬉しいことです😊❤️

今怖い思いをしているみなさんが、音楽を聞きたいという気持ちになったとき、オレスカの音が元気のきっかけになれば嬉しいと思います。

日々の生活の中で良いエネルギーをいっぱいたくわえて、周りを笑顔にできるように、その笑顔が伝染していくように、一個一個のライブに集中してそのエネルギーを注ぎ込んでくね!

I pray for 九州!
一刻も早く笑顔をとりもどせますように!



さて、ここから長くなりますが今日の大阪のライブは私にとってとても歓喜深いものなのです。

Down the Rabbit-holeのレコ発。

なんで?と思った方は
まずこのブログを読んでいただきたい。

http://s.ameblo.jp/the-dialy-of-326-9/entry-12151934371.html
みつるさんのブログ🖕🏻

このバンドのギターボーカル326-9(以下みつるさん)は私の音楽人生の要になる1人であります。
みつるさんがいたから音楽が好きになりました。
これほんとに。

当時みつるさんはさっきのブログに書いてたように、まじでトゲトゲでしたから、それはそれは近寄りがたい人物で、
初めて話しかけられたとき、ざわざわしましたね笑

話すようになるとね、トゲトゲじゃなくて、むにゅむにゅの可愛い先輩なんですよ笑
あの頃、彼が照れ隠しでトゲトゲしてたのを見抜いてたのはオレスカだけやったんじゃないでしょうかね笑

そんな可愛い先輩みつるさんは音楽を愛してやまない人で、その音楽への愛をたくさん教えてくれました。

特に、新しくかっこいいバンドを知りたい電波は常にバリ3(この言い方古いかな)で、かっこいいバンドもたくさん聞かせてくれました。

「サキ、○○ってバンド知ってる?」

「○○ってバンドやばすぎる!お前ぜったい好きやで!」

「最近ええの(バンド)おらん?」

ファミレスでも、友達のライブでも、遊んでるときも、なんとなくスタジオで会った時も、だいたいこんな話しからスタートするんです。

で、負けず嫌いのサキちゃんは、かっこいい音楽いっぱい知ってるみつるさんに憧れつつ、対抗心を地味に燃やし(笑

「知ってますよ!」と言えるようにたくさんCDを買いましたわら

ジャケ買いをし始めたのもこの頃ですね!

みつるさんが
「これジャケ買いして当たりやってん」

などというと

私も、「よし!ジャケ買いや!」

とみつるさんが知らなそうな、かっこよさそうなジャケットのCDを5枚ぐらい買ってみたり笑

ただ、私が「このバンド知ってます?」とドヤ顔で言ったところで、やっぱりみつるさんは、知ってるんですよね笑

お兄ちゃんに憧れる妹のようやなと書いていて思いますね笑

お題を決めてミックステープを作りあったりして、彼のおかげで音楽をたっくさん聴いた時期はあの時期だったと思います。

その後、私たちがデビューしてからも逐一連絡してました。

ワープドツアーが決まった時、私が一番に連絡したのはみつるさんだったと思います。

新しいCDが出るたびにファミレスで朝まで話し、ライブ見に来てくれたら即、どうでした?と感想をきく。
一番昔から知ってくれているみつるさんに多大な信頼をおいていました。

ある日、
オレスカと対バンするタイミングは決めてる。
と一度だけ話してくれたことがありました。
「そうなんですね」とそれ以上聞かなかったのも覚えています。

それ以上どちらも話しなかったけれど、お互いいつか対バンしよう!と、ココロの中で約束した感じがしていました。

その約束の日が今日ですね。
全国流通レコ発パーティです。

お互い続けてきたからこそできた事です。

あの頃仲良かったバンドは80%解散しています。
その中で一番仲が良かった、一番朝まで語り合ったバンドと対バンできることは本当に嬉しいことなのです。

今日は私にとって本当に嬉しく、楽しみな日です。

2016.4.30
中百舌鳥club massive
18:00会場
18:30開演

是非お越しいただきたい。

さぁ、そろそろ行く用意しよ!

[PR]
by oreska | 2016-04-30 13:16 | SAKI | Comments(0)

HELLO!!SAKI

久しぶりっ!
ブログのご覧のみなさま。久方ぶりにございます。
SAKIです。


この間、もりことカラオケに行って、
その前にはtaeと飲みに行って、
その前にはハヤミのお引っ越しのパッキングのお手伝いをして、
その前にはいかすとディナーして。

おー。一週間メンバーずくし。

とみは来週かな?


ここ1年ぐらいの間に、ワタシ、日本酒にどーもはまってしまったらしく、それからというもの、頻繁に誰かに飲もう飲もうと誘っている次第です。

そして、餌食になっているメンバーと、お世話になってる仲の良いバンドさんたち。
迷惑だろうなとちょっと気にしながらも誘う。I am O型。


昔はね。
コーヒーで事たりていたのですが、お酒を飲みながら将来や、音楽の事を話すのって楽しいのね。
はまっちゃったのね。
だから最近、ワタシのお財布からお金に羽が生えて飛んでいくようよ。
ほどほどに。。。

ちなみにですが、好きな日本酒は"だっさい"or"浦霞"です。


さて。

オレスカバンドBEST VIBRATIONが終わり→
なんと!南米ライブが決まりました!

ブラジル!アルゼンチン!!
いってくんよー!やってくんよー!
こないだブラジルに行ったときは、自転車と爪先をニホンゴで歌ってくれているお客さんもいて、
NARUTO、BREACH、アニメのすごさを改めて感じました。
日本の文化がひとつ確実に増えたなと実感しました。
次はうちらのオリジナル曲も歌ってもらえるようにファイトするぜい★


ブラジルまでは32時間だっけかな?信じられない時間空にいます。
飛行機ちょっと苦手なんやけどねー。

でもでも、日本でもライブありますよ!
5月にはドラフトキングちゃんと!

そして、自分たちの企画ライブ!「LOVE & CALL」!!
ワタシたちが大好きなバンドに自らアポテル!!

おもしろい事になりそうやーん!


さて、ただいま朝の4時。
そろそろ寝よう。

ぐんない!!
[PR]
by oreska | 2014-04-28 05:12 | SAKI | Comments(0)

SAKI*HELLO 2014

あけましておめでとうございます!(遅)
2014年が始まってもう1カ月たってしまいました。(遅)
今年もオレスカバンドの羽ばたきぶりに期待していてください!


1月はライブ本数がなくてみなさんにお会いする事が少なかったですね...
だけど、2月は久しぶりに名古屋にも行きますよ♪
もちろん東京、大阪でもライブあります!



そして、今年始めのBIGトピックスはオレスカバンド、初のBEST盤発売です!!
去年、10周年記念のライブもありましたが、やっぱり音源にしたい!うちらも10年凝縮のCDが発売されるのです!

是非ぜひ聴いていただきたい♡
なんたって新曲も入ってるのよ。ふふふ♡

そして、BEST発売なんだったら、もちろんBESTなライブしにいきます!
大阪、名古屋、東京!!
BEST VIBRATION!!

今回のGOODSもトロンボーン/ハヤミがデザインします!
新デザインのTシャツ!そして、新しいGOODSも増えますよ♪
是非ライブに来ておNEWをGETしてくださいな♡

今日、氣志團の翔さんのインタビューを読んで、とても気合いを入れられたんです。
その記事を読んだ事をたくさん書こうと思ったんですが、ワタシ長ったらしいのが嫌いで笑

だからまとめると、

そのバンドを本当に知れる瞬間は、音源聴きながら通学、通勤してる時じゃなくて、
you tubeで検索する事じゃなくて、
ライブだ!ってこと。
そこには表情があって、人間がいて、動きがあって、今があるから。

だから、ライブにきてうちらがどんなやつらなんか見にきてほしいんですよ。
ワクワクするのか?ドキドキするのか?最高に踊れるのか?聴いて涙するのか?
目の前で、うちらの今を音楽するからたくさん感じに来てほしい。


BEST VIBRATION。
今のオレスカ生で感じに来てちょーだいっ!!!!!
[PR]
by oreska | 2014-02-05 23:56 | SAKI | Comments(3)

SAKI*Thank you 2013

今年ももう終わりだね!
たまらんね!笑
気づいたんだけどワタシ、24歳のこの年が人生で一番楽しかったかもしれない!

毎年 "今年"の漢字一字を考えるのですが、
毎年 "去年"はなんだったかなー?と思うのが恒例です。
まぁ、そんなもん、そんなもんデス笑
漢字1字はもうちょっと年末に近づいたら発表するとして。

2013年、ワタシが手に入れたワザマシンは行動力だなぁー。
なにか自分から動けば、なにかがついてくる。
確実に良いことがついてくるとも限らないのが、開けてからのお楽しみ箱みたいで楽しかったりする。
そう思うと嫌いじゃなくなったなー。自分の前の壁。高ければ高いほど登りきってやりたくなる。


それに伴って、ひとつの行動するときに自分の気持ちってとっても大切な事に気づいたりもした。

自分ってなんだろうってのは永遠の悩みのテーマなのだろうと思うけど、今年は自分のスタイルがようやく見つかったかな。

普段しないような事したりさ、全然自分出せてないなぁって思うときってよくあるんだよね。
だからステージが好きなんだけれど。笑

愛想笑いも苦笑いも必要だし、嘘ついたりミエはったりね、仕方ないこともたくさんあるけど、重要なのは自分が一番好きな自分なのかどうかを考える事と、自分が心のそこから笑えてる瞬間を大事にする事だと思ったりもしてるわけです。ワタシ。ふふふ。


そんなこんなで、今年中のライブは東京が残す所1本!
大阪が、3本です。

計4本!

心意気満載でライブしますのでみなサマ、ぜひ来てくださいませっ!

ライブ情報は
オレスカバンド公式HPに記載しておりますっ♪
チェックしてね!!
[PR]
by oreska | 2013-12-12 22:55 | SAKI | Comments(2)

SAKI*そういう季節。

大阪のお祭りライブが2本終って、東京に帰還したいました。
帰りの車内は妖怪ナチュラルハイ(ワタシの夜中のテンション時)の出現で騒がしく、寝る間もなく5時間半ぶっ通しで話しながら、ハヤミのイジワルひっかけなぞなぞ問題などしながら帰ってきました。

あー。楽しかった。

1日目の大阪「縁祭り」は、オレスカ史上初の円形ライブ。
会場はオシャレな絵や、アンティークな小物とかで飾られていて、
とってもムーディ。
そして、お客さんとワタシたちの距離なんと"1センチ"!!
もりこの振り乱す髪がお客さんにあたったり、
まじかでホーンズがSOLOを吹いたり、とっても近くて緊張しました笑

このライブでは、ワタシたちをイメージして
衣装を用意していただいたのです。
スタイリストのまちゃ!てんきゅー♡

こんな感じ★
ゴージャス!!
f0174088_3301535.jpg



来てくださったみなさま。
ありがとう!
オレスカのちょっと違ったスタイルも楽しめたかしら?
またこういう機会を作れたらいいなー。
企画者の坂上先輩(中学校の先輩なのです)BIG てんきゅーーー!!



そして、2日目のライブ「中津高架下音楽祭」も、
これまたオシャレな空間で。
FUJI ROCKとかライジングサンの様な、アーティスティックな雰囲気。

f0174088_3335316.jpg


最後まで残ってくれたみなさまありがとう!!
そして、呼んでくださったスタッフのみなさま
本当にありがとうございました♡



さてぇ。
今年のライブは残す所、あと5本!!!!
東京2本に、大阪3本!!!



NEXTライブは12月8日(Sun)!!

個人的にも大好きなREI MASTROGIOVANNI プレゼンツっ!!

"SPACETRAIN5"
open /DJ / start 17:00
Adv 2500yen / Door 3,000yen
場所は『渋谷Glad』

Lineup:
★REI MASTROGIOVANNITHE
★BENNIES (from AUSTRALIA)
★音の旅crew (ONTC)
★Logeq (RIKU from Fed MUSIC / DJ SET)
★ABBYMAN (from NEON GRAVITY / SOLO SET) +SPECIAL JAM SESSION!!
★オレスカバンド

▼DJ/ ネモトムネユキ(ジャイコナイトSENDAI)

▼MC/ タカハシセーイチ(オールアバウトスカパフォーマーズ)

▼FOOD/ PE-のポテトサラダMush PEPE, STICK CHEESE CAKE(YokohaMa-Cocotto)

-Ticket Information-
TICKETS ON SALE 10/26 10:00〜
<バンド予約>ORESKA Mail
<e+> eplus.jp
〈お問合わせ〉
渋谷Glad  03-5458-2551 (15:00-24:00)
SPACETRAIN info
twitterハッシュタグ: #スペトレ


そして、
12月15日(Sun)

RONDONRAT。プレゼンツ

“DIMENSION TRIP” TOUR 2013 AUTUMN – WINTER〜東京2マン編〜
open 17:30 / start 18:00
Adv 2,800yen / Door 3,000yen
場所は下北沢CABE-BE

Lineup:
★RONDONRATS 。
★オレスカバンド

[O.A]GREEN EYED MONSTER
[GUEST]12月上旬発表!!
-Ticket Information-
☆出演バンドHP予約
☆ローソンチケット L 71056
☆CAVE-BEチケット予約はコチラ → reserve-tokyo@cave-be.net
<<入場順>>
16:30より、チケット予約引き換え&整理番号配布(17:15打ち切り)


どちらもチケット発売なうですよ♪
東京のみなさん!神奈川!埼玉!栃木!千葉!のみなさんも!!
ぜひおこしくださいー♪
[PR]
by oreska | 2013-11-26 03:47 | SAKI | Comments(1)

SAKI*女子力!

女性って男性にとって宇宙ぐらい未知なのだと思う。
ワタシにとって、男性の方が未知だけどね。

その方が楽しいよね。ふふふ。

さて、今月の22日、大阪東心斎橋bar muszeにて

『坂上 大介presents
"縁祭り vol.1秋 〜8人の女の素顔〜"』


がありますよ。
一緒にLIVEをするのは
タイナカ彩智さんと、まきちゃんぐさん。
そして、サブタイトルの"8人"の部分の割合を閉めまくっているオレスカバンドの計3アーティストです。

この日はスペシャルが盛りだくさん!
1 オレスカいつもの衣装ではありませんの!
2 コラボのパレード!
3 女性のお客様限定に、『Do オーガニック』の化粧品サンプルをプレゼント!
※数量限定だから入場は早めにね!

目白押しでしょー??
ワタシも楽しみで仕方ないのですっ!

女性限定プレゼントのDo オーガニック化粧水、そしてクレンジングを一足お先に使わせていただいておりますが。
すっごくいいよ!特に、クレンジング。
マスカラ(特にメイベリン)ってなっかなか落ちないでしょ。
アイラインとかも落として、顔濯いだあとに鏡みたら下瞼にさっきのアイラインがたまったりしててさ。あぁ、もっかい目のメイク落とさなきゃ。って。
そんな手間、一回も起こらなくなりました♡
洗いあがりもお肌ちゅるちゅるだよ!
みんなお試ししてみるべしっ!

なので、女子!
無料でサンプルもらえるのだから、この日来るべしっ!!


チケット情報はコチラ↓
●ORESKA Mail
●bar musze予約メール
※公演名、公演日時、枚数、連絡先を明記の上、送信して下さい。
返信メールが届き次第、予約完了とさせていただきます。
●e+
※整理番号順でのご入場です。1)お店予約 2)e+

でございます♡

COME & SEE US♪
[PR]
by oreska | 2013-11-19 20:19 | SAKI | Comments(0)

SAKI*とスカパラ

東京スカパラダイスオーケストラのライブにとみと行ってきました。

もう、おさまらない!
この恋愛と同じようなドキドキ!!
これは何?恋?と思うようなひとときでした。
曲の事まで書こうかなと思ったのですが、これ、ネタバレになるのでやめます♡


なんかさ。
音楽にはいろんなジャンルがあって、
そのジャンルごとに、たくさんのミュージシャンたちがそのジャンルの幅を広げて、歴史を塗り替えて、新しいスタイルを構築してくれて今の音楽があると思うのです。
今もなお、世界中のバンドがその構築を繰り返して、悪巧みをしてる真っ最中。

スカパラ兄さまが塗り替えてくスカの歴史は本当にハチャメチャで(悪い意味じゃなく)、自由で、そして、超絶クールで、底抜けに楽しい。
たとえるなら、真面目な事を書いてある教科書に、めっちゃおもろいいたずら書きをしてるような感じ。←逆に解りにくいw

そんな最高の先輩が日本にいてくれる事がまず嬉しい。
そんで、日本のスカシーンを引っ張ってくれている兄さま達の背中を見ながら、同じ道を走っていけることがもはや最高。

だけど、だけどね。
今日ライブを見て、後ろばっかついていってる事が正解ではないと思ったの。
ワタシたちも塗り替えていきたい。
SKAっていう音楽の歴史を、ミュージシャンシップにのっとっていい意味でぶち壊して、そして、新しいオレ"スカ"というジャンルを作りだしていきたいと思ったのです。

スカパラのライブを見て「東京スカ」というジャンルとしてワタシの耳に飛び込んできた感覚。
その感覚をワタシたちスタイルで作りたい。
「オレスカ」にしかできない「スカ」を作りたいと強く思ったのです!

バンドとしても、ワタシSAKIとしてもびっくりするような音楽経験をたくさんしたい。
まだまだ知らん世界を知りたい!!
アメリカも、ヨーロッパも、ブラジルも、アフリカも、オーストラリアも、メキシコも!もちろん日本も!!

オレスカまだ10年やで!
まだ まだ まだ やで。

おもろい事いっぱい考えていろんなもん巻き込んでいくぜ!!
これからもよろしく!!



最後に個人的な話しになりますが。
スカパラのトランぺッターnargoさん。
トランぺッターで一番誰が好きですか?と聴かれたら、ワタシは迷いなく「nargoさんです」と答えます。
何が好きなんですか?なんて聞かれたら果てしなく話します笑
興味があれば次ライブに来た時に聞いてください笑

今日も歌ってるかのような気持ちの入った音、SWEETでお茶目でキャッチーなSOLO、抜群のピッチの安定。
聞くと笑顔になる、手があがる、グットくる、攻められる。
音のカラフルシャワーを大胆に浴びて吸収しまくってきました。
次のオレスカライブ、あたいの音、期待しててよね!!

さて、長くなりました。
このブログを読んでくれたみなさま。
ワタシの欲ばっかり聞いてもらってありがとね!w

また聞いてね!笑

では、ぐんない!
[PR]
by oreska | 2013-11-06 00:12 | SAKI | Comments(1)