YES!!!!iCas

そして続いて7月5日に梅田のムジカジャポニカにてアコースティックライブ!

インディーズ電力のアコースティックライブに一日社長として呼んでもらいました!

インディーズ電力というのは佐藤タイジさん(froシアターブルック)と高野哲さん(from ZIGZO、nil)と前社長うつみようこさんと三人で、3.11の震災後、復興支援の為に音楽を通して『地域ごとに適応した新しいエネルギー源の確保』を伝える活動をしてるユニット。

で、インディーズ電力やから会社なのね。
ようこさんが社長、タイジさんが専務、哲さんが常務、お客さんが社員、ライブは研修会(笑)ってゆう形で、ようこさんが少し前に会社を勇退されたのでライブは女性シンガーを呼んで研修会をするという、、
とてもユニークで意義のあるイベントだった。

まず面白かったのがリハで、アコースティックギターにサイケなエフェクターとか繋いで、ベースアンプからギター鳴らしたりとか、音に対しても曲に対しても発想が自由すぎて
オレスカの曲はorion night moveとwalkと、二曲してもらったんやけど「この曲は実はもっとこうなれば良い!」とか言いながらアコースティックバージョンのアレンジをその場でぶぁーっと作りあげていくのとか鳥肌やった。
あとボガンボスの夢の中を一緒にしたいと提案したら、「コーラス部分の歌詞がわからないから聞く」ってその場で電話しだしたり。笑
ボガンボスファンの私からしたらどんとさんとの馴れ初めの話とかも聞けて、感動しっぱなし。

私がこのライブ通して凄いなって思ったのは、YESのパワーで人を動かしていくってこと。
今、原発の問題とか復興の問題とかの色んな人の色んな意見があって、私も3.11以降政治のこともちゃんと知らないとなと無知ながらに演説聴きに行ったりとか、ネットで調べたりとかしてたのね。
でもどの記事みても、どの人みても心からそれに賛成!って言えるようなものがなかった。
NOって思うことはいっぱいあるけど、YESって思えるものがなくてただ不安になるだけ。
でもタイジさんが掲げてるソーラーのエネルギーはエコやし音が良いし(太陽光は不純なものが混ざってないから凄い楽器の音がいいんやって)、YES!って心から思えた。
NOを言うのも勿論大事やけど、結局YESと言えることがないと人は動けない。

しかも、インディーズ電力のライブは楽しいし、メッセージだけじゃなくてちゃんと楽しめて、そこも凄いなぁと思った。 
「シリアスなことも皆に伝えるために楽しく伝えないと人はついてこない」
ライブ中にタイジさんが言ってたけど、楽しいところには人は集まると思う。

とにかく私はインディーズ電力と過ごした三日間、サイコーに刺激的で楽しかった。

私も人にYESと言ってもらえることを増やしていきたいなぁ。

“目をそらさないで 耳を澄ましてみよう”

♪もう一度世界を変えるのさ

f0174088_22260504.jpg

f0174088_22591105.jpg

インディーズ電力

[PR]
by oreska | 2015-07-17 22:02 | iCas | Comments(0)